学校案内
ご挨拶
 この度2021年3月31日をもって創立26年の歴史を有する川崎看護専門学校を閉校することになりました。平成7年(1995年)4月、公益財団法人川崎市看護師養成確保事業団(川崎市、川崎市医師会、川崎市病院協会、川崎市看護協会)により、ここ高津区久本の小高い丘の中腹に元川崎市高津保健所の建物をリニューアルして開設されました。
「人間を深い洞察に基づいて全人的に理解し、質の高い看護を実践できる人間性豊かな看護師を育成する」の理念のもと800名あまりの優秀な看護師を育成し、卒業生は看護師国家試験に合格し川崎市内はもとより広く全国で活躍しております。
 一昨年、川崎市の方針により本校への補助金が2020年度をもって打ち切りになるため2020年度を持ちまして閉校になります。
本校は26年間優秀な卒業生を輩出し、地域の看護医療を担ってきたことに特段の感慨を催すとともに、関係各位の皆様に心から感謝申し上げます。そして本学の実習病院及び川崎市内そして全国で活躍している卒業生の皆様に心からエールを送り、皆様が本校の卒業生であることを誇りにこれからもご活躍して頂きたいと存じます。
 最後に本校の運営に携われました講師の方々、実習施設の関係者、歴代の校長、教職員の皆様に心から御礼を申し上げ、閉校の告知をいたします。
 閉校までの2年弱の日々を今まで以上に充実した教育を行い、学生と共に頑張ってまいりたいと存じますので、なお一層のご支援くださいますようお願いいたします。
川崎看護専門学校 校長 松永貴美子
教育理念
本校は、人間を深い洞察に基づいて全人的に理解し、質の高い看護を実践できる人間性豊かな看護師を育成する。
教育方針
学習者は、自ら主体的に学ぶことによって新たな自己発見と自律を獲得し、持てる力を引き出す努力が求められる。
教育者は看護実践者としてのモデルになるように日々研鑽を重ね、質の高い看護教育を実践する責任を負う。
また、両者は教育の過程を通して互いを尊重し合い、看護の質の向上を目指すことで共に人間的成長をする。
名称 川崎看護専門学校
所在地 〒213-0011
神奈川県川崎市高津区久本1-4-1
課程名 医療専門課程
学科名 看護学科(2年課程)
定員 学年定員:40人  総定員:80人
修業年限 2年
卒業後の取得資格 看護師国家試験の受験資格、専門士(医療専門課程)の称号
保健師・助産師学校の受験資格
アクセス JR南武線武蔵溝ノ口駅南口下車 徒歩約4分 / 東急田園都市線・大井町線溝の口駅南口下車 徒歩約4分

周辺環境
本校は東西に長い川崎市のほぼ中心部にあります。北は多摩川を隔てて東京都、南は横浜市に隣接しており、アクセスは東急田園都市線・大井町線「溝の口」 JR南武線「武蔵溝ノ口」より徒歩3~4分と、通学にとても便利です。
しかも春はウグイス、夏は蝉、秋はコオロギの鳴き声が聞こえ、時にはタヌキの親子もやってくる、本当に静かな学び舎です。